ホーム / すまいの耐震化

すまいの耐震化

忘れていませんか?1995年1月17日5時46分
 あの阪神・淡路大震災のような激震が、再び神戸を襲う可能性は決して低くはありません。実際、今後30年以内に、かなり高い確率で南海・東南海地震が発生すると言われています。阪神・淡路大震災では、瞬時に住宅が倒壊し、その下敷きになって亡くなられた方が約8割を占めました。すまいの耐震化は、大地震から家族を守るための重要な取り組みなのです。

すまいの耐震化をすすめましょう

 このアニメーションは耐震キャラクター「オキールファミリー」が「耐震診断」、「耐震改修」、「家具固定」のすまいの耐震化について分かりやすくお伝えします。




アニメでわかる「すまいの耐震化」を観る

すまいの耐震化について (3 原則)

 大地震時に命を落とさないための最低限の取り組みとして、「すまい方を工夫する」ことが必要です。さらに、「自分の住まいを知る」「すまいを丈夫にする」ことも重要です。神戸市ではこの3つの言葉を『すまいの耐震化』3原則として、安全な住まいづくりに向けた取り組みの普及、啓発に努めています。




耐震診断と耐震化の流れ


※「無料耐震診断」及び「耐震おまかせパック」は、昭和56年5月31日以前に工事着工された建築基準法改正前の旧基準で建てられた住宅が対象
※「耐震おまかせパック」は、戸建木造住宅のみが対象となります。
※「耐震おまかせパック」は、神戸市の無料耐震診断と耐震改修設計・工事費見積りを同じ診断員が一貫して行う制度で、実質負担額は2万円となります。

耐震診断・耐震改修設計、工事補助の申し込みお問い合わせ

土・日・祝も営業(水曜定休)午前10時〜午後5時まで

神戸市すまいの安心支援センター「すまいるネット」

事務局(耐震支援係): 078-222-0186
〒651-0096 神戸市中央区雲井通 5-3-1 サンパル 4 階