神戸市内に空き家をお持ちのみなさまへ

空き家活用相談窓口

空き家をお持ちのみなさまへ

「神戸市のすまいの相談窓口-‘すまいるネット’」の相談員が、
 空き家の活用に関するご相談にアドバイスします。


まずは、お持ちの「空き家情報」や「活用等のご希望」をお聞かせください。
※神戸市内にある空き家についてご相談していただけます。
※既に不動産事業者と媒介契約を締結している物件や法人が所有する物件等は相談対象ではありません。
※空き家の所有者本人または親族からの相談に限ります。

 相談者向けチラシ(PDF)


相談方法:
来所または電話にてご相談をお受けします。
相談専用電話:078-222-0005
※詳しい空き家情報をお聞きすべき相談の場合には、来所をお願いします。
相談日時:
水曜定休
午前10時〜午後5時まで
相談時間:
お一人様30分から40分程度でお願いします。
(1日1回)
予約不要、無料です

相談の流れ(概要)

◎一般相談


・相談方法等は上記を参照してください。
・相談員が必要と判断した場合は、お持ちの空き家について、「空き家等情報カルテ」に記入をお願いします。 
登記事項証明書、固定資産評価証明書(もしくは固定資産税納税通知書)、借地上の空き家の場合は借地契約書の写しを持参ください。図面等、住宅資料がありましたらご用意ください。
・所有者以外の方が相談に来られる場合は委任状を持参ください。

空き家等情報カルテ(PDF)

委任状(PDF)


◎専門相談


・一般相談において、相談員が、さらに専門的な相談が必要と判断した場合、不動産の専門家
 (専門相談員)がアドバイスを行います。
 ※専門相談は予約が必要です。来所での一般相談時において予約を受け付けます。

・専門相談員が予約を受けた場合、原則、専門相談員が現地調査を行います。(外観目視 立会い不要)


◎支援事業者からの提案


・専門相談員が必要と判断した場合は、空き家の活用について、支援事業者(民間)から提案を受けられる場合があります。※全ての空き家について提案が受けられるとは限りません。
・提案を申し込む場合、「空き家の活用等に関する事業者提案申込書」をご記入していただく必要があります。
 ※相談の段階では、申込書は必要ありません。
・提案を受けるにあたって、支援事業者が現地調査を行います。(内部調査あり 要立会い)

 申込書(PDF)

「支援事業者」とは?


空き家活用の提案を行っていただくために、すまいるネットが募集した民間の事業者(不動産事業者、建築士事務所、建設業者)です。
開業期間や資格など一定の条件を付した上で募集していますが、「ここの業者を選べば安心」といったような、事業者を保証するものではありません。
みなさんから業務を依頼する場合は、個人の責任と負担において、当該事業者と協議、契約してください。

 

 支援事業者向けページはこちら

サンプルバナー

〒651-0096 神戸市中央区雲井通 5-3-1 サンパル 4 階  電話 078-222-0186 ファックス 078-222-0106

神戸市 | 神戸すまいまちづくり公社 | こうべまちづくり会館

空き家活用相談窓口

みんなでつくろう
神戸・里山暮らしのすすめ 農村地域における空家バンク
既存住宅現況検査(インスペクション)・売買瑕疵保険の補助制度
空き家対策フォーラム
空き家法令
支援事業者向けページ