ホーム / すまいの耐震化 / 自分のすまいを知る

すまいの耐震化 - 自分のすまいを知る

昭和56年5月31日以前に工事着工された、建築基準法改正前の旧基準で建てられた住宅は、地震に対する強度が不足している可能性があります。

神戸市では、これらの住宅を対象に、耐震性を判定するため、耐震診断員の派遣を行っています。

神戸市の耐震診断について

無料耐震診断

※平成29年度補助申請の受付け開始について

耐震診断を受けましょう(パンフレット・PDF)

・耐震診断員を派遣し、建物の耐震性を診断します。   

・現地調査後、耐震診断報告書をお届けし、内容の説明と改修などのアドバイスを行います。

 


対象住宅:
●昭和56年5月31日以前に着工された住宅(申込者は建物所有者となります。)
※昭和56年6月以後に着工・一体的な増築がされたことが判明した場合、その時点で診断を中止します。
●店舗付き住宅の場合は、住宅用途の部分が延べ床面積の半分を超えていること。
●長屋は他の所有者の同意、分譲住宅は管理組合の総会又は理事会の決議が必要です。

対象にならない場合

●ツーバイフォー・プレハブ・丸太組工法
※各種プレハブなどの建物は、建てたメーカーでないと診断ができません。
●過去に神戸市の耐震診断を受けた住宅
●異なる構造が混在した住宅は診断できる範囲が限定されてます。
●現地の状況により、無料耐震診断の対象とならない場合があります。
 

■ 申し込み方法
  

<戸建・長屋住宅>

耐震診断員派遣申込書(PDF)

記入例(PDF)

添付書類について(PDF)

<共同住宅>

耐震診断員派遣申込書(PDF)

記入例(PDF)

事業の実施に関する証書(PDF)

添付書類について(PDF)



耐震診断の結果について

耐震改修計画を立てて、耐震改修工事をしましょう!

「無料耐震診断」の結果、「倒壊する可能性がある」もしくは「倒壊する可能性が高い」と診断された場合、耐震改修計画を立てて、耐震改修工事をしましょう!
※詳しくは「すまいを丈夫にする」のページをご覧ください。

すまいの耐震化「すまいを丈夫にする」へ

耐震診断に関するよくある質問

Q.悪質な業者による被害の話を聞いたことがあるのですが…

A.無料点検などと偽って、家の中に入り込み、工事を強引に勧めてくる事例があります。悪質商法の被害に遭わないよう、以下の点に気を付けてください。
・すぐに契約しない
・誰かに相談する
・業者の説明をうのみにしない
・一人で対応しない(対応は家族などの同席で)
・おかしいな?と思ったら神戸市すまいの安心支援センターまで!

Q.無料耐震診断の対象外ですが、耐震診断できますか?

A.昭和56年6月以降に着工された住宅は、無料耐震診断の対象住宅に比べ耐震性が高く、阪神・淡路大震災時に倒壊した建物も、これ以前に着工された住宅に集中しています。ご心配な方は、まずは神戸市すまいの安心支援センターまでご相談ください。

耐震診断・耐震改修設計、工事補助の申し込みお問い合わせ

 

神戸市すまいの安心支援センター「すまいるネット」

事務局(耐震支援係): 078-222-0186

受付 午前10時〜午後5時まで(水曜・日曜・祝日を除く)
神戸市中央区雲井通 5-3-1 サンパル 4 階