文字サイズ
フォントサイズ中
フォントサイズ大
はじめに メニュー
078-222-0005

開館時間 10時〜17時(水曜定休•土日祝相談可)

はじめに すまいのお悩みQ&Aへ

高齢者向け住まいを知る

認知症高齢者グループホーム

認知症の高齢者が、家庭的な環境と地域住民との交流の下で、入浴や食事などの日常生活上の支援や機能訓練などのサービスを受けながら生活する施設です。1つの共同生活住居に5~9人の利用者が介護スタッフとともに共同生活を送ります。

入居対象

おおむね65歳以上の要支援2以上の介護認定を受けている方で、認知症の方

入居時の要件(介護認定)

要支援2、要介護1~5

設置主体

株式会社、NPO法人、医療法人、社会福祉法人など

サービス

入浴・排せつ・食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練

居室の基準

定員

原則として1人/室。利用者の処遇上必要と認められる場合は2人/室。

面積

7.43m2/室以上

費用について

入居時必要な費用
  • 入居一時金:家賃相当額の前払い金として必要な場合があります。
  • 敷金:退去時の未払い金や居室の現状回復費用などに充てられる費用として必要な場合があります。

「保証金」等、施設によって名称は異なります。

月々必要な費用

家賃相当額、食材料費、管理費(共益費)、介護等のサービスの対価、その他日常生活費等、介護保険サービスの自己負担分

食材料費、光熱水費については実費のみの負担となります。

介護保険サービスの種類

認知症対応型共同生活介護(地域密着型サービス)

利用可能期間

身体状況が悪化し、共同生活ができなくなった方、長期の医療が必要となった場合などは、退去しなければならない場合があります。

利用申込先

施設へ直接


神戸市内の「認知症高齢者グループホーム」を
お探しの方はこちら

高齢者向け住まい検索ページ
高齢者向け住まい検索ページ

<パンフレット>
高齢期どこで、どう暮らす?

高齢期どこで、どう暮らす?<パンフレット>

パンフレット

  • 神戸すまいのあんしん入居制度